トップページ > 障がい者に関すること > 意思疎通支援事業

意思疎通支援事業

手話・要約筆記奉仕員の派遣

サービス内容

聴覚障がい者に手話奉仕員及び要約筆記奉仕員を派遣します。

対象者

(1)市内で開催される公的機関の会議、集会などに聴覚障がい者が参加する場合

(2)市内での社会参加活動などで聴覚障がい者に意思伝達の必要がある場合

に手話奉仕員を派遣します。

利用対象者

身体障害者手帳で聴覚障がいの認定を受けている方

利用料金

無料 ※ただし、奉仕活動中の奉仕員にかかる交通費は利用者負担となります。

声の広報発行事業

サービス内容

文字による情報の入手が困難な視覚障がい者のために、地域生活をする上で必要な情報を提供します。

対象者

視覚障がい者

利用料金

無料

種類

(1)広報しばた

(2)社協だより

(3)新聞コラム など

聴覚障がい者のために活動したい方に

手話・要約筆記奉仕員養成事業

聴覚言語障がい者の福祉の増進と社会参加を促進するため、その意思疎通を支援する奉仕員の養成講座を開催します。

1.「手話奉仕員」、2.「要約筆記奉仕員」とは

1.手話奉仕員とは
聴覚障がい者の意思伝達を手話で支援する人を「手話奉仕員」と言います。
2.要約筆記奉仕員とは
難聴や聴覚障がいのある人に、話の内容などを手書き、またはパソコンで文字通訳して支援する人を「要約筆記奉仕員」と言います。

内容

聴覚障がい者の生活及び関連する福祉制度などについての理解と認識を深めるとともに、必要な技術を習得します。

実施期間

それぞれ年1回開催

お問い合わせ
新発田市社会福祉協議会
意思疎通支援事業担当
【平日/8:30~17:30】
TEL.0254-23-1000
FAX.0254-26-3300

  • 外出支援サービス
  • 意思疎通支援事業
  • 日常生活自立支援事業
  • 成年後見制度に関すること
  • 資金貸付・相談
トップへ戻る