トップページ > 高齢者に関すること > 介護保険について

介護保険について

介護保険制度

介護が必要になった時、どこへ相談したら良い?

介護保険ってなあに

■介護保険制度は、介護を家族だけではなく社会全体で支え合う制度です。

  • ・40歳以上の皆さまが保険料を納め、介護が必要になった時にサービスを利用できます。
  • ・サービスを利用するには「要介護認定」を受ける必要があります。

■被保険者

  • ・保険料を納めます。
  • ・要介護認定を受けて、サービスを利用することができます。
  • ・利用者負担金を支払います。

被保険者

■「要介護認定」を受けるには…

「要介護認定」を受けるには

■要介護状態区分

要介護1~5

介護保険の介護サービス(介護給付)

住みなれたまちや家での自立した生活を支援するために様々な介護を提供するサービスです。
要支援1・2

介護保険の介護予防サービス(介護予防給付)

介護保険の対象ですが、要介護状態が軽く、心身機能が改善する可能性が高い人などが受けるサービスです。
非該当

市町村が行う介護予防事業(地域支援事業)

介護保険の対象にはなりませんが、生活機能の低下している人や、将来的に介護が必要となるおそれが高い人を対象とするサービスです。

■相談窓口

各種関係機関と連携をとりながら、皆様の悩みごとが解決できるようサポートします。また、新発田市社会 福祉協議会が行う介護サービス事業所のご紹介をしています。

新発田中央地域包括支援センターしばた社協居宅介護支援センター
加治川居宅介護支援センター

  • 介護保険について
  • 介護保険サービス紹介
  • 生活応援団
  • ふれあい・いきいきサロン
  • 在宅給食サービス事業
  • 日常生活自立支援事業
  • 成年後見制度に関すること
  • 資金貸付・相談
  • 管理運営施設について
トップへ戻る